ものづくり

生産

材料〜完成品まで。一貫した「カスタマーイン」の精神がものづくりのワザを磨く

お客様の信頼と満足を得る品質とは何か。材料である電線の製造から、各種プラスチック成型、プレス、部品実装/組立、ワイヤーハーネスアッセンブリに至るまで、国内マザー工場(滋賀本社ワイヤーハーネス工場、滋賀電線工場、三重電装部品工場)では、世界トップレベルの生産技術によって、最適な工程を追求し、常にカスタマーインの視点でものづくりに取り組んでいます。また完成度の高い生産設備や標準作業がそのマインドとともに海外各地の工場に展開されています。

NF(New Furukawa)生産方式

ジャスト・イン・タイム:各工程が必要なものを、必要なだけ、必要な時に、流れるように停滞なく生産する考え方と(ニンベンの付いた)自働化:異常が発生したら機械がただちに停止して、不良品を造らない考え方を2本柱に


  • (1)経営に直結した全社活動。あらゆるムダを排除して原価低減を図る。
  • (2)流動的な市場に対して製造部門がタイムリーにものを造り変化に即応できる 生産体制をつくる。
  • (3)活動を通じて人材を育成する。

を目指しています。

電線製造工程

イメージ:伸線
イメージ:撚線
イメージ:絶縁被覆

古河電工グループの素材開発力と製造技術力により、主に環境対応電線(鉛フリー電線・ハロゲンフリー電線)を製造するほか、新規製品の開発を行っています。また、本工場で培われた技術をベトナム、中国などの海外電線工場に展開し、高品質な電線をグローバルに提供しています。

電線製造工程図

ワイヤーハーネス製造工程

イメージ:電線切断・端子圧着
イメージ:アッシー
イメージ:導通検査

ワイヤーハーネス製造工程では、海外工場で多くのサブASSY機(電線切断・端子圧着~仮組立までを自動化した独自開発機)が導入されています。
また、アッシー以降の自動化にもチャレンジし、大幅な省力化を行っています。コンパクトに設計された生産ラインの展開により、世界均一の高品質なワイヤーハーネスをお客様に提供しています。

ワイヤーハーネス製造工程図

ステアリング・ロール・コネクタ製造工程

イメージ:検査・出荷

高性能・高信頼性を要求されるフラットケーブル製造をはじめ、各種接続端子や樹脂部品成形を一貫して製造し、それらをオリジナリティ溢れる組立および検査技術を結集し生産しています。世界8拠点で生産を行っており、世界同一品質での製品をお客様にご提供しています。

ステアリング・ロール・コネクタ製造工程図

周辺監視レーダ製造工程

イメージ:検査・出荷

高度な生産技術が要求される高周波回路の電子部品実装と高精度な組立、目標物をシミュレートして検知性能を保証する電波特性検査により、ADAS(先進運転支援システム)に用いられる周辺監視レーダは常にドライバーの運転をサポートし、世界の交通安全に貢献しています。

周辺監視レーダ製造工程図

ジャンクションボックス製造工程

イメージ:検査・出荷

ワイパーモータやヘッドライトなどへの確実な電源分配が求められるジャンクションボックス/リレーボックスの製造は、生産技術の粋を結集し、自工程完結の思想に基づいた自働組立ラインにて端子挿入・はんだ付け・組立・検査工程を経て、お客様に高品質の製品を供給しています。

ジャンクションボックス製造工程

鉛バッテリ状態検知センサ製造工程

マイコン等の電子部品を搭載した実装基板を内包するBSSの製造には、多様な部品接合をはじめ高度な技術が要求されます。マザー工場として、製造技術の最先端を結集した製造ラインを導入。世界3拠点の工場をリードする役目を担っています。

鉛バッテリ状態検知センサ製造工程図